口腔保存治療学分野

セミナー

国内学会 2018年 | 国内学会 2017年 | 国内学会 2016年 | 国内学会 2015年 | 国内学会 2014年 | 国内学会 2013年 | 国内学会 2012年 | 国内学会 2011年 | 国内学会 2010年 | 国内学会 2009年 | 国内学会 2008年 | 国内学会 2007年 | 国内学会 2006年

【学会発表】<国内学会 2006年>

  • 貞方和明,矢野淳也,母里公平,北村知昭,寺下正道:歯根尖周囲組織の状態が垂直加圧根管充填時の溢出に与える影響.
    第125回日本歯科保存学会,鹿児島(11月9日,10日),2006.
  • 北村知昭,野見山貴美子,上野喜子,大木達雄,寺下正道:歯髄細胞への各種グリコサミノグリカンの影響.
    第125回日本歯科保存学会,鹿児島(11月9日,10日),2006.
  • 野見山貴美子,北村知昭,諸冨孝彦,永吉雅人,寺下正道:石灰化能を有するラット歯髄細胞株の樹立.第125回日本歯科保存学会,鹿児島(11月9日,10日),2006.
  • 菊池直樹,諸冨孝彦,北村知昭,田畑泰彦,寺下正道:歯髄再生療法を目的としたFGF-2徐放性ゼラチンハイドロゲル粒子の応用.
    第9回日本組織工学会,京都(9月7日,8日),2006.
  • 有田正博,陳 克恭,芳賀健輔,北村知昭,波多野圭紀,細川隆司,鱒見進一,寺下正道,横田 誠:九州歯科大学における卒前臨床実習の改革.
    第25回日本歯科医学教育学会,仙台(6月16日,17日),2006.
  • 菊池直樹,諸冨孝彦,北村知昭,田畑泰彦,寺下正道:FGF-2徐放性ゼラチン粒子を用いた歯髄再生療法の検討.
    第124回日本歯科保存学会,横浜(5月25日,26日),2006.
  • 有田正博,陳 克恭,芳賀健輔,小城辰郎,北村知昭,安藤浩伸,松木貴彦,中村恵子,波多野圭紀,村岡宏祐,矢野淳也,笠井宏記:平成17年度保存・補綴統合型卒前臨床実習の評価.
    第66回九州歯科学会,北九州(5月20日,21日),2006.
  • 野見山貴美子,北村知昭,諸冨孝彦,上野喜子,辻澤利行,西原達次,寺下正道:石灰化能を有するラット由来歯髄細胞株の樹立.
    第66回九州歯科学会,北九州(5月20日,21日), 2006.
  • 菊池直樹,諸冨孝彦,北村知昭,寺下正道:FGF-2徐放性ゼラチンハイドロゲル粒子が歯髄創傷治癒に与える影響.
    第66回九州歯科学会,北九州(5月20日,21日),2006.